50の風景と、風景にまつわる言葉。

小さな世界の窓から見える色々な風景のひとつずつ。

「だるま」にてジンギスカンを食す。

久しぶりの札幌。

本来であれば当然のごとくピープルピープを訪問するところなのだけれど、日曜〜火曜という今回の滞在日程に重なるようにピープルピープは定休日。泣く泣くパフェは次回の訪問のお楽しみにする。

とは言え、札幌グルメ。札幌グルメと言えばやはりジンギスカン。今回はその中でも屈指の人気を誇る「だるま」に行くことにする。

この「だるま」。すすきの界隈にたくさん店舗があり、今回は駅近の4.4店に行ってみることに。開店直後の17時過ぎには着いたのだけれど、4.4店はすでに満席。そこで、その二階にある「二階亭」に行ってみることに。この「二階亭」、衣服ロッカーも完備で匂いが気になる人でも安心して食べられる仕組み。店内もとても綺麗。

が、こちらもすでに満席。どうしても食べたいジンギスカン。1サイクル目ということで1時間待ちを覚悟で待機席に着席。ところが、待つこと20分ちょっと、すでにお会計のお客さんが。というわけで、すんなりとカウンターに案内される。

 

この「だるま」。カウンターの山ごとに強面のお姉さんが専任スタッフとして付いています。座るなり間髪入れず「飲み物は?」、更に「お肉は3種類。どれ?」と聞かれ、あたふたして今回は「上」を注文。七輪の上の鉄板にはすでに野菜がてんこ盛り。これがデフォルト。すでに始まっている。そして、すぐにやってくるお肉。

簡単な焼き方の説明があり、あとは早速お肉を食す。熱々の鉄板の上にお肉ののせると香ばしい匂いが。。そして、そのお肉、絶品。クセもなくラム肉の美味しいところだけが詰まっている感じ。ジューシーかつ柔らかく、こんなラム肉は初めて。

お肉から出てくる油で良い感じに焼けた玉ねぎやネギがまた絶品。そんなわけで、30分くらいで食べ終わる。周りもどんどんお会計しては、次のお客が座ってくる。この回転率はヤバイです。多少並んでいても、これは並んで食べることをオススメします。

 

そして、最後に、これは通な裏メニューで、最後にお茶を頼むと、ライスを頼んで入ればお茶碗にお茶を入れてくれます。そこに、食べ終わった後のジンギスカンのタレを少し入れてお茶漬けにするのがミソ。これもぜひ、試すべし。

 

圧倒的な威圧感と言い、どことなくピープルピープにも通じるところがあり、また来たいと思わせてくれる「だるま」でした。

広告を非表示にする