読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

50の風景と、風景にまつわる言葉。

小さな世界の窓から見える色々な風景のひとつずつ。

BOSE SoundLink around-ear wireless headphones II 購入

 

東京から新潟方面へ片道約3時間程の出張が、月に5-6回くらい発生していて、特に新幹線に乗っている90分については音楽無しでは生きられないくらい。

今まで断線を繰り返していたイヤフォン。結局、いつダメになっても良いように、安いイヤフォンを使っていたものの、ここで少し奮発して、ヘッドフォン購入を思い立つ。

最初の候補は最近話題のbeats。携帯性もあることを考えると、Solo2が良さ気。そして、断線の憂き目に遭わないためにもwirelessは外せない。価格も20,000円くらいなので悪くないのだけれど、Amazonのレビューも不良品報告もあり、かといって、Appleのサイトでは30,000円。なんだか、踏ん切りがつかない。

というわけで、家電量販店に足を運んで、入念に視聴。beats、音はとても良いです。他社と比較しても一番良いかも。特に、ロックや低音の効いたクラブミュージックとの相性が良さそう。

ただ、この、Solo2はオンイヤー、すなわち耳に乗せるタイプなので、どうしても圧迫があることと、遮音性に問題がある。特に、3時間連続での使用を考えると、どうしても厳しい。耳が痛くなる姿が想像できる。重量も体感としてそこまで軽くはない。

ということもあり、beatsを候補から外し、他の製品を試す。最近出たSONYのwirelessヘッドフォンもデザインは良いのだけれど、重量が重すぎる(Solo2の203gに対して290g。この差は致命的だと思う)。

 

そして、たどり着いたのが、BOSEのSoundLink around-ear wireless headphones IIというヘッドホン。この製品、ラウンドイヤーなので、耳への圧迫感もないし、ノイズキャンセリングではないものの、遮音性も十分。そいて、着けてみて、その軽さに驚く。数値は195gなのだけれど、他社と比べるとそれ以上に軽く感じる。

f:id:houndedori:20160504121348j:image

 

肝心の音質は、とても上品な音作りという印象。beatsに比べると、メリハリはそこまで効いていないものの、仕事しながら聴く音楽については、より優しいBOSEのこのヘッドフォンは最適のように感じた。

 

さて、価格は30,000円強。今回は未使用品の中古を某オークションサイトで購入。20,000円でした。このBOSEはbeats人気に押されているのか、あまりネットでもレビューがないので、今回は少し紹介。

 

f:id:houndedori:20160504121357j:image f:id:houndedori:20160504121401j:image

パーケージを開けると、ソフトケースが登場。こちらに収納された状態で入っています。外出時の使用がメインなので、ケースはありがたい。なお、beatsのSolo2などと違い、イヤーパッドのところが内側に折り返すことができないので、そこまで収納時にコンパクトにはならないところが数少ない欠点。ただ、個人的にはそのような機構は増える分、壊れるリスクも高くなるので、個人的にはこのサイズで良い。

 

f:id:houndedori:20160504121415j:image f:id:houndedori:20160504121419j:image

操作系は右側のイヤーパッドの側面。ペアリングや、曲のコントロール、ボリューム調整はもちろん、マイクも付いているので電話応対も可能。操作性もかなり良く、何も複雑なことを考えることなく、簡単に操作可能。デザインも無駄な装飾もなくて好感度高いです。黒もあったけれど、少しつまらなくなってしまうデザインなので、白にしました。

 

まだ目的の出張に使っていないけれど、家の中でも、洗濯物干したり、料理している時に聴けるので、かなり使ってます。バッテリーの持ちも悪くない。充電もKindleのケーブルと共用できるので便利。

 

wirelessというのは本当に便利で、一度使うと多分やめられない。願わくば、次のモデルはノイズキャンセリング搭載か知らん。 

 

拝。